初心者英会話ステーション

[文法] 記事一覧
極力文法用語を使わず誰にでも理解できるように説明してます。文法が苦手な人必見!

<助動詞>
・Can,Could
・Will,be going
・Would
・Shall
・Should
・Must,Have to
・May,Might

<動詞>
・be動詞
・like
・want

<時制>
・現在形、現在進行形
・過去形、現在完了形
・現在完了進行形

<冠詞>
・a, an
・the
・any, some

It と That, Thisの違い、ポイントはハッキリ度

itthis違い_thumb[2]I want it! I want that! I want this!のように、現地の人々はitとthat, thisをどう使い分けているのか?これには3つのポイントが関係してます。

 

it that thisの使い分け方<もくじ>

ポイント1:今、目の前で起きてるか、ことづてか

ポイント2:Itとthatはハッキリ度の違い

ポイント3:指差せない事にはItを使う 

まとめ 

関連記事
ThisとThatの違い。2つの距離を分かつポイントと使い分け方

 

 

<ポイント1>今、目の前で起きてるか、ことづてか

基本的に、itとthis/thatは入れ替え可能な物がほとんどですが、ネイティブは何を基準にどちらを使うか決めているかというと、まず1つとしては、

<ポイント1>今、目に見えてるか、見えてないか
・目の前で起こってる事を指すならThis
・間接的な事(ことづて)ならIt, That

というのがあります。


例えば、会社に着くと、マネージャーがみんなの前で「今日から残業代は出しません!」と宣言して去っていったとしましょう。あなたは同僚と顔を見合わせて言います。

This is bullshit!
ふざけてやがる!

→Bullshitの意味と使い方はこちらの三項目を参照

とThis is が通常使われます。これは今、目の前で起きたマネージャーの宣言を指してるからです。

逆に、遅刻してきた同僚が、あとから今朝のマネージャー発言の話を別の同僚から聞いて、

That is bullshit!
It’s bullshit!

とThat, it を使って同じ事を言います。なぜかというと、直接見たわけでなく、ことづてだからです。

もう1つ例を出すと、あなたが自分が妊娠してる事が検査で分かったとします。

This is wonderful!

とあなたはつぶやきます。そして今度はそれを旦那に告げます。

旦那:It’s wonderful! (That’s wonderful!)

と今度はit’s that’s で反応します。つまり体験してる本人的にはThis is だけど、話を聞いた相手からはit’s、that’sなんです。


例えば、ファーストフードでの注文なら、 itthatthis違い_thumb[2]

客:Can I get this?
これください。

店員: Would you like to have one apple pie too? It’s half price with that meal!
アップルパイも一緒にいかがです?そのセットだと半額で買えますけど。 

客:OK. I’ll get it.
じゃあ、それももらうよ。

まず、最後の客がitを使ってる理由として、相手の提案に対して「じゃあそれで」と答えてるという理由があります。これもI’ll get thatでもOKです。

また、店員がなぜit’s half priceとit’sを使ったのかというと、「最初に話したアップルパイは」と最初の発言を指してるからです。なので、言葉から言葉に移る場合は大抵itを使うという事です。

逆に最初に客は手元のメニューを指さしながら「This」と言ってるわけです。目の前にあるメニューを指してるわけですから、ことづてではありません。なので、Thisです。
itthat使い分け_thumb[2]
例えば、メニューでも店員の頭の上にある離れたメニューを指さすならもちろん「Can I get that?」とThat「あれ」を使います。

 

 

 

ポイント2:Itとthatはハッキリ度の違い

基本的に、it’s that’s は入れ替え可能です。ただ微妙にニュアンスに違いはあります。

ポイント2:Itとthatはハッキリ度の違い
・Itは全体的にホンワカしたものを指し示している場合に使う
・Thatは「これだ!」とハッキリ1点を指してる場合に使う


というわけで、例えば、

A: I passed the exam!
試験に受かったよ!

B: That’s great!
すごいや!

これも別にIt’sでも良いのですが、That’s とした方が強調している感じがします。何を強調しているかというと「試験に受かった」という「それが」すごい!と、「試験合格」の部分に対して私はGreatと言ってるんですと集中してる感じがします。逆に、

A: How was the dinner with your girlfriend?
彼女とのディナーはどうだったの?

B: It was great!
最高だったよ!

こういう場合は、Itの方がよく使われます。なぜか?
それはディナーは最高だったというのは、

・彼女と食べれて最高だった
・行ったレストランの雰囲気が最高だった
・料理の味が最高だった。
・金額が安くて最高だった。
・彼女が喜んでくれて最高だった。


など、具体的な何かを指してるわけではなく、総合的な部分で最高だったので、itを使ってるわけです。Itを使った方がより抽象的で、全体的に〇〇だったという感じがするわけです。

他にも例えば、あなたが歩行中に前から来る人がぶつかってきたとします。

相手: Oh, sorry!
あなた:It’s OK! (That’s OK!)

これは割りかしIt’sが使われる傾向があります。

逆に知り合いの家で、あなたが花瓶を割ってしまったとしましょう。 thats_thumb[5]

あなた:I’m sorry.
知り合い:That’s fine. Don’t worry.

→fineの正しい意味の理解

さて、今度はThat’s です。もちろんIt’sでも良いですが、That’sが使われる傾向があります。なぜか?

それは、「That’s=That vase is = 花瓶の事は」と言ってるわけです。
逆に歩行中ぶつかった事は「別にいいですよ」と漠然としてるわけです。

例えば、歩行中ぶつかって、あなたのかけてたサングラスが落ちて割れて、それに対して「サングラスの事はいいですよ」と言うならThat’sを使った方がハッキリ伝わるでしょう。ようは具体的になにかを指し示したいならThat’sを使うわけです。

もちろん物でなくても、先ほどの試験の例のように、何か1つの事を強調したいなら、Thatは同じように使えます。

ようは、強調したいか、全体的に表現したいかの違いという事です。

 

 

 

<ポイント3:指差せない事にはItを使う>

Itはポイント2で話した通り、漠然とした事やあやふやな事に使います。

例えば、 itsthats_thumb[2]

It will rain.
It’s windy.
It’s sunny.

など、天気に関する事は通常itを使います。というのも、天気というのはハッキリ指させる存在ではないからです。

It’s good.
It’s OK.

など、気分や気持ちを話す時も、大抵It’s です。もちろん先ほどの花瓶の例のように、モノの状態を指したいなら、that, thisも使えますが、気分は指させるハッキリした存在ではないので、It’sなわけです。

 

 

 

まとめ

というわけで、It とThat, Thisの違い、分かったでしょうか?

1.Itはより漠然としたもの、人から聞いた事などに対して使う
2.ThatはItより明確に1つの物事を指したい時に使う。
3.Thisは目の前で起こってる事に使う。


という違いがあるという事です。繰り返しますが、基本的に入れ替え可能です。変に「Itじゃなきゃいけない」のように曲解して自分の会話を縛るのはやめてください。
そんな事のためにこの記事は書いてないので。

これらは実に微々たる違いであり、ある程度当たり前に会話できるようになったら、こういう部分も気にしてみるとネイティブ的なニュアンスで話せますよというわけです。

そんなわけで参考になれば幸いです。

 

This と Thatの明確な使い分けが分からない人はこちらの記事

ThisとThatの違い。2つの距離を分かつポイントと使い分け方



また下記の記事も参考になるので、合わせて目を通しておいてください。

The one の意味と使い方。You are the one ってどういう意味?

This is it! That’s it!の意味と使い方を実例で解りやすく解説!

There is, There are の意味とチートな使い分けの裏ワザ

I’m fine.の意味分かってます?fineの3つの真逆な意味と簡単な覚え方

 


当ページはお役に立てましたでしょうか?
役立ちましたらぜひシェアをお願いします↑

 

名前(フルネーム)

メールアドレス



ajieigo.com 管理人: Dr.アジ
Dr.アジ オーストラリアから
難しい文法用語を使わないスタイルで
話すために必要な初心者英会話講座を
お送りしてます。

メールマガジンにて
英語がまったく話せるように
ならない人のための動画講義も
好評配信中です!

→詳しくはここ←
メールやフォローは下記より
mail1 ←ご連絡はこちらへ feedly
youtube facebook twitter
Facebookページ