bookの意外な使い方。I’ll bookの意味とReserveとの違い

bookの意味bookというと本を連想すると思いますが、I’ll book.のように使う事も多々あり、これだと意味が変わってきます。今回はこのBookの使い方について説明します。

<bookの意味は予約>

例えば、あなたが旅行に行く話をしていると友達が

Did you book the ticket?

と言ってきました。これはどういう意味かというと「チケットは予約済ですか?」という意味です。

このように、bookは「予約する」の意味で頻繁に使われます。日本語でも「ブッキング」という言葉を使いますよね。ブッキングとは「booking」なわけです。

 

客:Hello, I want to change the booking.
あの、予約の変更をしたいのですが。

受付: When did you book?
いつ予約しましたか?

客:1 week ago.
一週間前です。

という感じで、「予約する=book」「予約=booking」です。

BookとReserveはどう違う?

基本的にはReserve, Reservation とbook, bookingは入れ替え可能ですが、厳密に言うと、

booking =予約
reservation = 確保

であり、

例えば、旅行代理店で、

客:I booked seats.

店員:Yes, but we made a mistake & we couldn’t reserve your seats.

「席予約したんだけど」「はい、しかしこちらのミスで席は確保出来ませんでした。」

このように、bookはあくまで「予約する」という意味だけです。
それに対してReserveはその予約分の席をちゃんと「確保する」所まで含まれています。

 

bookreserve違いなので例えば、あなたが部屋探しをしていて、不動産屋と部屋見学に来ているとします。
あなたは部屋が気に入ったので、「この部屋を確保しておきたい」と言うなら

I want to reserve this room. ◯
I want to book this room. ✖

なわけです。 bookというのは、あくまで「◯月◯日に使います」のような予約の事ですから、こういう「場所の確保」のようなものには使いません。

 

お花見の場所取りなども同様ですが、ああいうものは確保は出来ても、予約は出来ないですよね。そういう場合は、Reserve(もしくはtake)を使うわけです。

 

bookを使う物は大抵「チケット」として売り出してる物です。

・ホテル
・飛行機
・映画、コンサート

など、「◯月◯日分の席を〇〇個予約します」のような形の物に使います。もちろんこれらにReserveを使ってもなんら問題はありません。

 

<問題>

では例えば、歯医者に「予約したいんですが」と電話するにはどう言えば良いですか?

Can I have an appointment?
とappointmentで言います。

Can I book an appointment?でも一応OKです。
職場の取引先に会う約束など、人との時間の約束的なものにはappointmentを使います。

まとめ

というわけで、まとめると

1. bookには「予約する」の意味がある
2. Reserveは「予約+確保する」事を指す。
3. 人と会う約束ならhave an appointmentを使う。

という具合です。参考になりましたでしょうか。

 

また下記の記事も参考になるので、合わせて目を通しておいてください。

Can、Couldの意味と使い方。Can I, Can youで考えれば話せる!

→PR: Have an appointmentのように、haveのような簡単な単語にこそ実は英語を話せるようになるヒントが

下記の記事も合わせて読むと理解が深まります

タイトルとURLをコピーしました