kind of と kinds of の使い分けとtypeとの違い

3bottles

ここでは非常にややこしく感じる

kind of,  a kind of,  kinds of

の使い分け方を シチュエーション別に徹底解説していきます。

またTypeとkindの違いも一緒に説明します。

1.What kind of と What kinds of の違い

例えば「どんなタイプの映画が好きですか?」と聞く場合、whatkindof

1.What kind of movie do you like?
2.What kinds of movies do you like?

のように聞きますが、この2つの違いを説明すると、

1は「1つ挙げるとしたら、どんなジャンルの映画が好きですか?」と聞いてる感じがします。2は「好きなジャンルの映画を教えてください(複数選択可)」と言ってる感じがします。

別に1で聞かれても複数の映画名もしくはホラー、恋愛ものなどのジャンルを答えても全然OKです。あくまで聞いてるニュアンスが違うという事です。

例えばお茶を普段飲まないAさんが、お茶好きのBさんに質問します。

A: What kinds of tea(s) are there?
どんな種類のお茶が(世の中には)ありますか?

B: There are many kinds. Green tea, Black tea… These 2types are very common.
いっぱい種類はあるけど、緑茶、紅茶、この2つは一般的だよね。 whatkinds

A:  What kind of tea is good for a diet?
どんな種類のお茶がダイエットにいいですかね?

B: Chinese teas are famous, such as Woo long tea.
中国茶が有名ね、烏龍茶とか。

基本的にはteaというのは、液体や茶っぱの事を指しますから、数えられないものですので、sを最後に付ける必要はありません。しかし、KindsやTypesを使う時に限っては、Teasとsを付けて言う事も結構あります。

これは様々な種類を強調するためです。お茶と言っても「烏龍茶、ジャスミン茶、鉄観音、緑茶」など種類は様々であり、それらを別のものと定義するなら、kinds of teasと言っても良いのです。

例えば最後のChinese teas are famous.という言葉、これも、「中国茶」という1つの種類と捉えて発言するならChinese tea is famous.と言うわけですが、Bさんの中では、「烏龍茶もジャスミン茶もダイエットに聞くよなぁ~」と数種類の中国茶が頭に浮かんでいるので、Chinese teas と言ってるわけです。ようは頭の中に複数の種類が浮かんでるなら「Kinds of 〇〇s」のような言い方をするわけです。

2. many kind と many kindsの違い

文法上はmany kinds を常に使います。というのも、

kindofMikan is a kind of orange.
It’s called “Mandarin” in English.
みかんはオレンジの一種です。
英語ではマンダリンと呼ばれます。

There are 3 kinds of Cokes. 3kindsof
Diet, zero and original. Which one do you want?
3種類のコーラがあるんだけど、ダイエットとゼロと普通の。どれが欲しいの?

*Cokeのような商品名の場合は必ずしもcokesとsを付ける必要はありません。先ほどのお茶の説明と一緒で種類として考える場合、付けて言う人が多いです。

この2つの文章を見て欲しいのですが、単純に1種類ならsは要らないし、2種類以上ならkinds of 〇〇sとsを付けると言う事です。

で、manyというのはもちろん「沢山=複数」ですから、many kinds of 〇〇s というのが文法上は正しいという事になります。

・a kind of
・2 kinds of
・3 kinds of
・many kinds of

というわけです。
ただ、第1項でも説明した通り、Teaのように数えられないものに対しては「Teas」と必ずする必要はありません。

例えば、

There are many kinds of food in Japan. Not only sushi, you know?
日本にはいろんな食べ物があるんだ。寿司だけじゃないんだよ、知ってる?

There are many kinds of foods in that buffet. Italian, Greek, Japanese and so on.
あそこのバイキングにはいろんな食べ物があるんだよ。イタリアン、グリーク、和食などなど

のように、本来Foodという言葉にsは要りませんが「イタリアン、中華、和食」のように食べ物を別の種類として定義したい場合は、kinds of foodsと言ったりもします。これはその人がどういうニュアンスにしたいか次第でsを付けても付けなくてもどちらでも使えます。

いずれにせよ

many kinds of food
many kinds of foods

とmany kindsに文法上はなるという事です。

3.kindとtypeの違い

kindsとほぼ同じ使い方でtypesもよく使われます。

What types of men do you like?
What type of man do you like?

どんなタイプの男性が好きですか?

What kind of movie do you often watch?
What type of movie do you often watch?
どんなタイプの映画をよく見ますか?

言ってる事はkindもtypeも基本的には同じです。日本語でいう、種類とタイプの違いです。sを付けるルールも一緒です。ただ、しいてTypeとKindの違いを例えるなら、

 

A: whattypeWhat kind of coffee is Macchiato?
マキアートってどの類いのコーヒーなの?
B: It’s a kind of espresso.
エスプレッソに属するんじゃないかな。

A: What type of coffee is Macchiato?
マキアートってどんなタイプのコーヒーを言うの?
B: Have you seen a coffee art? That is Macchiato.
コーヒーに絵が書いてある奴見た事ある?あれの事だよ。

こういう違いがあるという感じです。他にも Sort of という言い方もありますが、これもKind ofと同じだと思ってください。

4.It’s kind of と It’s a kind ofの違い

よく映画などを見てると、It’s kind of というセリフが沢山出てきます。

一応第2項の解説では、1つならa kind of 2つ以上ならkinds of と説明してきました。
じゃあ、どんな時にIt’s kind ofというどちらでもないのが出てくるかというと、これは感情表現の時です。

He is handsome. =彼はカッコイイ
He is kind of handsome. =彼はカッコイイ部類に入る

A: How was that movie? = あの映画どうだった?


B:

It was fun! = 面白かったよ。 
It was kind of fun! = 面白い方に入るんじゃないかな。

なにかこのように、気持ちをゆるく表現したい時にkind ofを使います。

というわけで、kind of の使い方掴めたでしょうか?自分でもセンテンスを作ってみて記事を見直して答え合わせしてみてください。そうする事で使う事に慣れていけるはずです。地道にシャドーイングしてみてくださいね!必ずあなたの自力英会話の助けになります。

 

*おまけ*
bulldogsauce
よく外人さんに
What kind of sauce is Bull-dog?
ブルドッグソースってどんなソースなの?

と聞かれます。確かにこの手のお好み焼きソースとかって答えようがないんですよね。大抵答えとしては、

It’s a kind of BBQ sauce. バーベキューソースの類いだよ。
It’s a kind of Worcester sauce. ウスターソースの類いだよ。

と答える事が多いです。

bulldog 001

まあ、本体にはVegetable & fruit sauceって書いてあるんですけどね。。

 

また下記の記事も参考になるので、合わせて目を通しておいてください。

kind of の意味とネイティブ的な「はぐらかす」使い方
Likeの2つの意味を英会話で自然に使い分ける方法 [ペラペラ術]

Dr.アジ

難しい文法用語抜きで話すために本当必要な話法を教えてます。全く話せなかった私がオーストラリアで突如話せるようになった秘密が書かれたプロフィールはこちら。動画講座もやってます↓

Dr.アジをフォローする

話せる日本人は密かに使う。英語にパッと変換できる話し方

『9月にホームステイして参りましたが、アジ先生の仰る通り、とりあえず「キャン×キャン(Can)」言ってたら何とかなりました(笑)』

 

    頻出フレーズや会話CDのパターンを一生懸命覚えた。
    けどいざ話す機会があったら、
    「え、どう言えばいいの!?」と言葉にならず・・悔しい!!

    あなたにも似た苦い経験がありませんか?

     

    本当はあなたにも英語を話す回路がちゃんと備わってます。
    でも日本では「話し方」を教えてないから英語にうまく変換できないんです。

     

    例えば、グアムのホテルの受付で「このカチカチに冷めたスパム握りをレンジでチンしてもらえない?」と頼みたくても、あなたはレンジを英語でどう言うか分からないし、そもそもどう言えば頼めるのか分からず、諦めてしまいませんか?

    でも、「話し方」が分かってる人なら、たとえレンジの言い方を知らなくても気軽に頼めます。

     

    その「話し方」を教えているビデオレッスンを
    無料で期間限定公開中。

    ビデオレッスンで「話し方」が分かるとこんな事ができるようになります。

    • 出だしの13パターンで、パッと言葉が出るようになる
    • SVOとか知らなくても、語順正しく文話せるようになる
    • 試験英語脳を捨てて知ってる単語だけで話せるようになる
    • 外国人に道を聞かれても、それを正しく聞き取れて、正しく教えられる
    • ズレた英語のリズムを修正して、聞き取り力を上げられる
    • 長文を刻む技で簡単に言えるようになる
    • すぐ詰まる原因を5分で改善して正しい文がすらすら出るようになる

    中にはこれをキッカケに海外生活で困らないほど話せるようになり、外国人相手に仕事するようになった人、国際恋愛、国際結婚生活をEnjoyしてる人もいます。

    PC、スマホ、タブレットから見れます。
    下のフォームからメールで受け取ってください。



     


    メールで動画レッスンが届きます (5分程度の隙間時間で見れるものが毎回届きます)。配信解除もメール内の配信停止リンクからいつでもワンクリックで可能です。個人情報保護法に則りDr.アジ以外からメールが届く事は一切ありません。

    [文法Q&A] 英会話知恵袋
    初心者英会話ステーション

    下記の記事も合わせて読むと理解が深まります

    タイトルとURLをコピーしました