by car, by a car どっち? byにaは必要か?

bycarbyacarどっちここでは、byを使う時に「a、the、my」などが必要かを解説します。実は必要な時と、必要ない時の2種類がありますので、その違いを分かりやすく解説していきます。

2種類のbyの使い方

乗り物を表現する時に、by を使う言い方はご存知だと思います。
ただ、下記のように、a、the、myなどが必要な時とそうでない時があります。

1.I’ll go there by car.車でそっちに行くよ。
2.He was hit by a car.彼は車に轢かれた。

なぜ、片方はaが入ってるのに、もう片方は要らないのか?
それには、どう使ってるかに違いがあります。

移動手段の場合

例えば、1のように単なる移動手段として答えるなら、a the myなどは要りません。

I want to go to Tokyo by ship.
船で東京まで行きたい。

It takes 20min by bus.
バスで20分かかるわね。

You can come to my house by train.
電車でうちまで来れるよ。

受け身などの場合

上記の移動手段以外の場合は、a the myなどを付けます。

One person was hit by a train.
1人が電車に轢かれた。

のように、移動手段ではなく、「ひかれた」のように受け身として使ったりなど、こういう時のbyにはa the my などを付けて話します。

 

というわけで、使い方理解出来たでしょうか。

 

また下記の記事も参考になるので、合わせて目を通しておいてください。

歩いて、徒歩でを英語で?walkでも実は言える!

by now の意味と使い方。どの時制でどんな時に使える?

myselfとby myselfの使い方や違い。間違えやすい部分を徹底解説

誤解のない英語の「受け身」の使い方。~されると考えるから間違える!

Dr.アジ

難しい文法用語抜きで話すために本当必要な話法を教えてます。全く話せなかった私がオーストラリアで突如話せるようになった秘密が書かれたプロフィールはこちら。動画講座もやってます↓

Dr.アジをフォローする

話せる日本人は密かに使う。英語にパッと変換できる話し方

『9月にホームステイして参りましたが、アジ先生の仰る通り、とりあえず「キャン×キャン(Can)」言ってたら何とかなりました(笑)』

 

    頻出フレーズや会話CDのパターンを一生懸命覚えた。
    けどいざ話す機会があったら、
    「え、どう言えばいいの!?」と言葉にならず・・悔しい!!

    あなたにも似た苦い経験がありませんか?

     

    本当はあなたにも英語を話す回路がちゃんと備わってます。
    でも日本では「話し方」を教えてないから英語にうまく変換できないんです。

     

    例えば、グアムのホテルの受付で「このカチカチに冷めたスパム握りをレンジでチンしてもらえない?」と頼みたくても、あなたはレンジを英語でどう言うか分からないし、そもそもどう言えば頼めるのか分からず、諦めてしまいませんか?

    でも、「話し方」が分かってる人なら、たとえレンジの言い方を知らなくても気軽に頼めます。

     

    その「話し方」を教えているビデオレッスンを
    無料で期間限定公開中。

    ビデオレッスンで「話し方」が分かるとこんな事ができるようになります。

    • 出だしの13パターンで、パッと言葉が出るようになる
    • SVOとか知らなくても、語順正しく文話せるようになる
    • 試験英語脳を捨てて知ってる単語だけで話せるようになる
    • 外国人に道を聞かれても、それを正しく聞き取れて、正しく教えられる
    • ズレた英語のリズムを修正して、聞き取り力を上げられる
    • 長文を刻む技で簡単に言えるようになる
    • すぐ詰まる原因を5分で改善して正しい文がすらすら出るようになる

    中にはこれをキッカケに海外生活で困らないほど話せるようになり、外国人相手に仕事するようになった人、国際恋愛、国際結婚生活をEnjoyしてる人もいます。

    PC、スマホ、タブレットから見れます。
    下のフォームからメールで受け取ってください。



     


    メールで動画レッスンが届きます (5分程度の隙間時間で見れるものが毎回届きます)。配信解除もメール内の配信停止リンクからいつでもワンクリックで可能です。個人情報保護法に則りDr.アジ以外からメールが届く事は一切ありません。

    [文法Q&A] 英会話知恵袋
    初心者英会話ステーション

    下記の記事も合わせて読むと理解が深まります

    タイトルとURLをコピーしました