0.5grams? 0.5gram? 1より少ない数にsは必要か?sが付く付かないの境界線

0.5にsは必要数は複数ならapples のようにsが付く英語の世界。じゃあ逆に1より少ない0.5などの場合はsは必要なのか?

今日はそんな素朴な疑問に解りやすく解説していきます。

1.sが要らないのは1だけ

0gramsまず、答えから言うと、0.5のような1より少ない数字にも基本的にはsが付きます。

100grams
10grams
3grams
2.5grams
1.1grams
1 gram (a gram)
0grams
0.9grams
0.5grams
0.01grams

*発音は「0.5= zero point five」のようにポイントという言葉で小数点を表す

のように、実は1以外は全部sが付きます。1という基準だけがsが付かないという事です。ゼロのみの場合も割りと0kcal = 0kilocaloriesのようにsを付けて発音する傾向があります。

ただ例外もあり例えば、
0.5 of a gram. のような言い方もありです。
ちなみに0.5というのは1の半分、つまりHalfですよね。じゃあHalfの場合はsが付くのか!?を次の項で解説しましょう。

2.Half, quarter, third の場合はsか a か

例えば、「半分のりんご」なら 
ahalf

A half of apple
Half of an apple

のように、aを付けていいます。つまり、0.5grams のように数字の場合はsを通常付けますが、「半分」のような表現になると、aを通常使うわけです。

A quarter of apple
Quarter of an apple
4分の1のりんご 

A third of apple
Third of an apple

3分の1のりんご

のように、分割を表現します。

<これは時間表現にも使われます>

quarterpast5See you in half an hour.
30分後に会いましょう。

It’s a quarter past 5.
5時15分です。
(5時からquarterが過ぎている)

・1時間を4分割すると、15分になるので、15分を a quarter と言ったりします。
・時間に関してはあまりthirdは使いません。
・時間の場合は、Half of an hour というよりはHalf an hourと表現するのが普通です。
“half hour”や”a half hour”でも通じますが、Half an hour が一番一般的な言い方です。

3.お金の場合のsの有無

お金も同様で、

$1000000 = one million dollars (a million dollars) dollars
$1000 = one thousand dollars (a thousand dollars)
$10 = ten dollars
$2 = 2dollars
$1.15 = 1dollar (and) 15cents
$1 = 1dollar
$0.50 = 50cents
1c = 1cent

という具合です。millionなどに関してはaとsが両方付く事があり、変に感じるかもしれませんが、これでOKです。1以上の単位にはsが付くので仕方ないです。
実際には $1.15の場合は「one fifteen」のように言われる事が多いです。

というわけで、sが1以外には付く。という感覚がご理解頂けたでしょうか?

 

下の関連記事もチェックすると、より深い理解を得られます。

→aが付く時と付かない時の見分け方

→ kind と kindsの使い分け

→noとnotの違い、Noの時はaは要らない!?

Dr.アジ

難しい文法用語抜きで話すために本当必要な話法を教えてます。全く話せなかった私がオーストラリアで突如話せるようになった秘密が書かれたプロフィールはこちら。動画講座もやってます↓

Dr.アジをフォローする

話せる日本人は密かに使う。英語にパッと変換できる話し方

『9月にホームステイして参りましたが、アジ先生の仰る通り、とりあえず「キャン×キャン(Can)」言ってたら何とかなりました(笑)』

 

    頻出フレーズや会話CDのパターンを一生懸命覚えた。
    けどいざ話す機会があったら、
    「え、どう言えばいいの!?」と言葉にならず・・悔しい!!

    あなたにも似た苦い経験がありませんか?

     

    本当はあなたにも英語を話す回路がちゃんと備わってます。
    でも日本では「話し方」を教えてないから英語にうまく変換できないんです。

     

    例えば、グアムのホテルの受付で「このカチカチに冷めたスパム握りをレンジでチンしてもらえない?」と頼みたくても、あなたはレンジを英語でどう言うか分からないし、そもそもどう言えば頼めるのか分からず、諦めてしまいませんか?

    でも、「話し方」が分かってる人なら、たとえレンジの言い方を知らなくても気軽に頼めます。

     

    その「話し方」を教えているビデオレッスンを
    無料で期間限定公開中。

    ビデオレッスンで「話し方」が分かるとこんな事ができるようになります。

    • 出だしの13パターンで、パッと言葉が出るようになる
    • SVOとか知らなくても、語順正しく文話せるようになる
    • 試験英語脳を捨てて知ってる単語だけで話せるようになる
    • 外国人に道を聞かれても、それを正しく聞き取れて、正しく教えられる
    • ズレた英語のリズムを修正して、聞き取り力を上げられる
    • 長文を刻む技で簡単に言えるようになる
    • すぐ詰まる原因を5分で改善して正しい文がすらすら出るようになる

    中にはこれをキッカケに海外生活で困らないほど話せるようになり、外国人相手に仕事するようになった人、国際恋愛、国際結婚生活をEnjoyしてる人もいます。

    PC、スマホ、タブレットから見れます。
    下のフォームからメールで受け取ってください。



     


    メールで動画レッスンが届きます (5分程度の隙間時間で見れるものが毎回届きます)。配信解除もメール内の配信停止リンクからいつでもワンクリックで可能です。個人情報保護法に則りDr.アジ以外からメールが届く事は一切ありません。

    [文法Q&A] 英会話知恵袋
    初心者英会話ステーション
    タイトルとURLをコピーしました