今日は休みを英語で?Holidayと仕事が休みは違う

休み今日は仕事が休みなんだ!という時の休みはHolidayではありません。ここでは、休日、祝日、そして連休などの休暇のそれぞれの表現法を解説していきます。

1.仕事が休みを英語で?

A: Are you working tomorrow? 仕事が休み
B: No, Tomorrow is my day off.

「明日仕事かい?」「いや、明日は休み」

という具合に、仕事が休みの事をday offと言います

もしくは、

I have a day off.
I have days off.

のように言ってもOKです。2日以上の連休なら「days off」となります

I have 2 days off.  二連休。
I have 3 days off.  三連休。

 

A: Hey, are you going home now?
B: Yeah, I have a half day off. I have something to do.

「あれ、もう帰るの?」「うん、今日は半日だけ。用があってね」

 

Johnが職場の同僚のDianに電話します。

John: Hi, Dian. I’m sick today. So can I take a day off today?
Sorry about that.

「やあ、ダイアン。今日僕体調悪くてさ。だから休んでもいいかな。悪いね。 」

職場にやってきたボスがDianに聞きます。


Boss: Hey, where is John? Is he late again?
Dian: He gave us a phone call & he said he was sick. So he has a day off today.

「ジョンはどこだ?また遅刻か?」「先ほど電話がありまして、病気だそうで今日は休むそうです。」

という具合にday off を使います。

・Today is my day off. のように言うと、元々決まった休みの日という感じがします。
・I have a day off.というと、緊急で取った休みの感じが強いです。

2.連休、ホリデーを英語で?

さて、ゴールデンウィークのようなホリデーの場合は、どう言うか?というと、

A: Where are you going for your next holiday?
次の連休はどこに行く予定だい?

B: I’m going to Hawaii for my vacation.
ハワイにホリデーに行く予定よ。

という感じで使います。アメリカ英語だとVacationを基本的に使います。
イギリス英語だとHolidayでもVacationでも同じように使えます。

Holiday,Vacationというと遊ぶための休み、つまり連休や休暇という感覚になります。

<a holiday, holidaysの違い>

I’ll have a vacation.
I’ll have vacations.
I’ll have a holiday.
I’ll have holidays.

のように、holiday, vacation は可算名詞(数えられる物)に属します。
じゃあどこで、a holidayとなるのかというとこれは日数は関係ありません。
ようは一塊の休暇なら、何日間でもa holiday, a vacationです。

ゴールデンウィークと夏休みと冬休み、のように複数の休暇をまとめて話してるなら、holidays, vacationsになります。

3.祝日は英語で?

祝日は英語でPublic holiday. と言います。

連休We are closed on public holidays.
当店は祝日は休業です。

Where are you going next public holiday?
次の祝日はどこ行くの?

There are 10 public holidays a year in this country.
この国では年に10回祝日がある。

このように、祝日全体を差すならPublic holidays. とsが付きます。

まとめ

というわけで、それぞれの休みの言い方ご理解頂けたでしょうか?まとめると

1. 仕事がない日=day off
2. 休暇=holiday, vacation
3. 祝日=Public holiday

という事です。特にday offは頻繁に使うので、覚えておいてくださいね!

 

また下記の記事も参考になるので、オススメです!

good nightの意味はおやすみとは限らない?昼寝る人におやすみを英語で?

Afternoonとeveningの違いと時間帯。忘れずに覚えられる理解の仕方

下記の記事も合わせて読むと理解が深まります

タイトルとURLをコピーしました