「〇〇させる」を英語で?強要度で変わる2つの言い方

させる英語今回は人に何かをさせるというのを英語でどう言うかを解説します。

「させる」は「させる」でもその「強要度」によって言い方が変わってくるので、その辺も誤解のないように解説していきます。

1.人をその状態に「させる」

例えば下記の例文を見てください。

例えばテレビで虫を食べる罰ゲームを放送しているとします。
そのシーンを一緒に見ているあなたの妹が言います。

Oh, It makes me sick!

どういう意味かと言うと「それは私を気持ち悪くさせる」と言っています。
では、今度は悲恋モノのドラマを見ていた妹がボロボロ涙を流しながら言いました。

It makes me cry.

今度は「これは泣かせるわ~」と言っています。

そう、AがBを別の状態にする時「A makes B 〇〇」のような言い方をします。

John: Hanna looks so happy today. makeme2
今日のハナはとても嬉しそうだな。

Jenny: Yeah, Her boyfriend made her happy.
うん、あの娘の彼氏がそうしたの。

John: what has her boyfriend done?
何をしたって言うのさ?

Jenny: Her boyfriend gave her a ring.
指輪をあげたのよ。

このように、誰かが誰かの気持ちを変えた時にも使います。

 

A: Why is she crying?
なんであいつ泣いてるの?

B: You made her cry, didn’t you?
お前が泣かせたんじゃないの~?

 

A: You know, This new diet supplement made me lose 5 kg in a month!
ねぇ、このサプリで私1ヶ月で5kg痩せたんだよ!

B: Really? You make me want to buy it.
ほんと?私も買いたくなっちゃうなぁ。


*ポイント*

このmake me 〇〇はちょっと文法的には特殊です。なぜなら「動詞」でも「形容詞」でもどっちでも入るからです。

I cried.It made me cry.
I lost my weight.It made me lose my weight.
I want to buy.It made me want to buy.
I am happy.It made me happy.
I feel sick.It made me sick.

(表内は時制を無視して分かりやすく全部made meにしています。)
上の表を見て欲しいのですが、青が「動詞」ピンクが「形容詞」です。
でも全部made meの後に来てますよね。I~のほうは語順が違うのにも関わらずです。
これは本来なら青文字の方は文法的には

It made me to cry.
It made me to lose my weight.
It made me to want to buy.

のように、made me to とならなければならないのですが、実際の会話や文章ではこのToが省略されていると考えてください。で、ピンクの方は単純になにも省略されてないので、青もピンクも同じ語順になるという事なんです。

2.強要する場合の「させる」

*問題*

A: Hey, would you like to hang out after classes?
ねぇ、学校終わったら遊びに行こうよ。

B: Sorry, I have to go to the karate class today.
ごめん、今日は空手道場に行かなくちゃいけないんだ。

A: Oh, Are you learning karate? That’s really cool!
え、空手習ってるの?めっちゃカッコイイじゃん!

B: いや~実は親にやらされてるんだよね。本当はイヤなんだ。

さて、この最後のBのセリフを英語であなたならどう言いますか?ちょっと考えてみてください。

・・・・・・・

 

・・・・

 

で、答えなのですが、

 

もちろん第一項のmake meを使ってもOKです。例えば、

My parents make me do it. Actually, I don’t want to do.

などでも良いでしょう。ただ make me というのは、必ずしも「強制されてる」わけじゃないのです。

例えば、

He made me cry.

と言うのは「泣け!」と言われて強制的に泣かされたわけじゃないですよね。
make me というのはそういう状態にさせてるだけであって強制ではないのです。

例えば、本当に空手なんか辛いだけで辞めたいと思ってて、でも親に辞めたいと言っても「ダメだ!辞める事は許さない!」と強制させているならこう言うべきです。

My parents force me to do it. Actually, I don’t want to do.

このforceという言葉は「力」という意味があります。つまり「力づくでやらせる」時はこのforceを使うんです。

ーーーーーーーーーーーー

例えば、もう1つ例を出すと、

父: Why did you do stealing?
I can’t believe you did such a thing.

なんで万引きなんてしたんだ?
お前がそんな事するなんて父さんは信じられないぞ。

子: I didn’t want to. But some of my class mates forced me to do.
僕もやりたくなかったんだ。でもクラスメイトに無理やりやらされたんだ。

このように、いじめられてて無理やり不良に万引きを強要されたなら、forceを使います。

ーーーーーーーーーーーーーーー

<では、もう少し詳しく感覚を理解していきましょう。>

妻: You should go on a diet. You are getting fat.

夫: What? You are making me fat! You make a lot of sweets everyday & You make me eat them. It makes me fat, you know?

上の会話の意味分かるでしょうか?

妻:あなたダイエットしなさいよ、どんどん太ってるじゃない。
夫:なんだよ、おまえが俺を太らせてるんだろうが!お前が毎日お菓子を作って俺に食わせるんじゃないか!それが太らせてるって事分かってんのか?

まず、夫の「お前が俺を太らせている」というのは、「太れ!」と言って強制的に太らされてるわけじゃありませんので、making me fat.

そして彼女はお菓子作りが趣味で「ねぇ食べて!」と毎日薦めてくるとします。旦那がそれを食べないと泣いたり怒ったりするとします。だから仕方なく食べているのでYou make me eatになります。

例えばこれが「食え!」と言って怒鳴りつけたり、無理やり口の中に突っ込んでくるような感じなら、You force me to eatの方がいいです。
forcetoeat
子供が嫌いな人参を親に「食べなさい!」と怒られて食べてるというなら、

My mom forces me to eat carrots.

と言った方がニュアンス的に正しいという事です。

make me というのは、脅したり強要してくるというよりは、オススメされて断れない気分になるからやる。というニュアンスが強いです。

 

「make = 作る」という本来の意味で考えれば分かるのですが、
「He makes me cry. = 彼は私が泣いてしまうような状況を作る」
のように捉えてください。

これをHe forced me to cry.と言ったなら、
私は泣きたくなかったけど「泣け!」と脅してきたので泣いた。
のような意味になるわけです。

A: Are you going home now?
もう帰るの?

B: Yeah, My dad is forcing me to be at home by 9pm.
うん、9時までに帰らないと父さんが怒るからね。

A: Are you going home now?
もう帰るの?

B: Yeah, my mom made me go home now. she got extra work and I have to take care the baby.
うん、おかあさんのせいでね。残業みたいでさ。私が赤ちゃんの面倒見ないといけないの。

このmake と force のそれぞれの感覚を覚えておいてください。

まとめ

そんなわけで、「させる」にも2つの感覚がある事が理解出来たでしょうか?make meの方は割りと万能でどんなパターンにも使えますが、逆にどんなパターンでも使えるがゆえに「その気にさせられた」のか「いやいややらされてる」のかのどっちなのかが見えづらい言葉だったりします。

そういう意味では「いやいややらされてる」なら、forceを使った方がきっちり伝わります。こういった使い分けをする事で、より自分の伝えたい正確なニュアンスを相手に伝える事ができるでしょう。

makeme
ちなみに冒頭にあったこの写真の意味分かりますか?
「私にみんなの前でぶたせないで」と言っています。
静かにしないとぶつわよ!と言ってるジョーク写真ですね。

 

ちなみに今回の「させる」受け身の「される」を混同されてる方がよくいらっしゃいます。受け身の「〇〇される」の正しい理解も同時にして間違えのないようにしておきましょう。

→誤解のない「〇〇される」の英語での言い方<受け身>

Dr.アジ

難しい文法用語抜きで話すために本当必要な話法を教えてます。全く話せなかった私がオーストラリアで突如話せるようになった秘密が書かれたプロフィールはこちら。動画講座もやってます↓

Dr.アジをフォローする

英会話スクールよりも会話力が一瞬で付く話法を知りたくないですか?

  • 英語が苦手!文法が難しい!
  • もう年齢的に覚えが悪いから仕方ないのかな・・
  • 単語量が足りないのが悪いのかな・・

と上達しない事を嘆く人ほど、この方法を知った途端上達してます!

英会話学校の先生も実は分かってない、
話せるようになるために1番最初に知っていなきゃいけないポイント、

それを、当サイト初心者英会話ステーション講師のDr.アジが無料動画講義で教えます!

累計8000人以上が受講しているこの無料動画講座では、
書籍や文法書、英会話スクールでは学べない、

Dr.アジがオーストラリアでの実践英会話の中で独自に得た、
本当に実践で即使える知識を教えています。

  • 出だしの13パターンを使って、単語ではなくセンテンスで話せるようになる話法
  • 文法が苦手だから避けてきた人でも英語が語順正しく文話せるようになる方法
  • 試験英語思考を刷り込まれてるから話せない!とっさの会話が怖くなくなる、知ってる単語だけで話せちゃう思考法
  • 日本を旅行中のネイティブに突然道を聞かれた時に、それを正しく聞き取る方法と、正しく返答する実例
  • うまく聞き取れない?ズレた英語のリズムを修正して、聞き取り力を上げる方法
  • 長文で言うのが苦手?ネイティブも使ってる長文を刻んで簡単に説明する方法
  • ぱっと言葉が出ずすぐ詰まる原因を5分で改善して正しい文がすらすら出るようになる方法

中にはこれをキッカケに英会話が分かるようになり、
外国人相手に仕事するようになった人、国際恋愛、国際結婚した人もいます。

PC、スマホ、タブレットからご覧頂けるこの動画講座は
下のフォームからご登録ください。



 

ご登録メールアドレスに、動画レッスンがDr.アジより届きます (忙しい人でも見れるように動画講義は5分程度のものが毎回届きます)。配信解除もメール内の配信停止リンクからいつでもワンクリックで可能です。個人情報保護法に則りDr.アジ以外からメールが届く事は一切ありません。

初心者英会話専門講師Dr.アジ

2015-07-25_21h46_59

全く英語が話せない状態から9年間ほどオーストラリアに滞在し、
英会話を1から現地のサバイバル生活の中で身に付ける。
日本の試験向け英語教育では英会話は全く伸びない事を現地で体感し、

その経験から多い時は月に80万アクセスある初心者英会話ステーションサイトを運営し、

Youtubeチャンネルでは、その分かり易さから45万再生以上されている。

以前販売した有料iPhoneアプリ「THE英語塾」は、口コミだけで有料にも関わらず1万ダウンロードを突破(現在は制作会社との契約終了のため、販売は終了しております)

自力で話せる英会話【ADVANCED BEGINNER】講座からは、海外で活躍する人、国際恋愛、国際結婚に発展した人も多数排出。その分かり易さと、実践ですぐ使いこなせる技術が話題になり、口コミだけで累計受講者数1500人突破。

[文法Q&A] 英会話知恵袋
初心者英会話ステーション

下記の記事も合わせて読むと理解が深まります

タイトルとURLをコピーしました