I’m going to crash.の意味と使い方。スラングだとこんな意味になる

crash意味I’m going to crash. のような言葉が映画のセリフなどで出てくる事があります。この意味を解説します。

1.I’m going to crash = 寝る

crashは単純に寝るという意味で使います。

Hey, I’m tired today. So I’m going to crash. See you tomorrow.
なあ、今日はもう疲れたから寝るわ。また明日な。

 

このように、友達と飲んだ後に帰ってねるわのような時によく使われます。

実際にThe Hangover part IIという映画のセリフでは

crash

フィル: Come have a drink with me and the guys.
俺たちとちょっと1杯やろうぜ!

スチュワート: You know, I’m really exhausted. We’re just gonna go upstairs and crash.
いや、もうすごい疲れてれるから。ホテルに上がってもう寝るよ。

という感じで、Crash=寝る という意味で使っています。

他にも2Fast2Furiousという映画では

crash2

ブライアン: I’m going to crash, Tej. I’ll catch you tomorrow.

俺はもう寝るから、また明日な!

と言う感じで、やはり帰り際に「もう帰って寝るわ」という時はこの言葉が使われやすいです。

→Catch youやCatch upの意味と使い方

2.Crashと聞いて気をつける事

そもそもCrashというのは、ぶつかる、衝突するという意味で使いますが、特にアメリカのスラングとして寝るの意味で使われるます。

I crashed my car!

と言ったら、 もちろん「車を衝突させてしまった」という意味ですが、

I’m gonna crash early tonight.

などと特に夜に聞いたなら、ああ、早めに寝るんだなと思ってください。決して衝突しに行くわけではないのです。

 

またもう一つ、似た単語でCrushというのがありますが、こちらは「惚れる」という意味でよく使われます。

I have a crush on Jane.

のように聞いたら、今度は「ジェーンに惚れたんだな」と思ってください。

→Crush=「惚れる」の意味での使い方はこちらの記事参照

発音的には、Crashの方がしっかり口を開けて発音する感じなのですが、発音の違いが聞き取れなくても使われるセンテンスによって上記のようにどの意味なのか分かります。
そんなわけで参考になりましたでしょうか。

 

*この手のネイティブスラングは誰もが知ってる言葉ではありません。地域や国によっては使ってない場合がほとんどです(我々にも地方の〇〇弁で言われると分からないのと同じ)。ですので、あくまで1知識として覚えておき、実際に海外旅行などで「寝る」というなら、普通にSleepやGo to bedを使いましょう。

 

また下記の記事も参考になるので、合わせて目を通しておいてください。

→Crush=「惚れる」の意味での使い方はこちらの記事参照

下記の記事も合わせて読むと理解が深まります

タイトルとURLをコピーしました