初心者英会話ステーション

[文法] 記事一覧
極力文法用語を使わず誰にでも理解できるように説明してます。文法が苦手な人必見!

<助動詞>
・Can,Could
・Will,be going
・Would
・Shall
・Should
・Must,Have to
・May,Might

<動詞>
・be動詞
・like
・want

<時制>
・現在形、現在進行形
・過去形、現在完了形
・現在完了進行形

<冠詞>
・a, an
・the
・any, some

freeの意味は「無料」とは限らない!?for free やfeel freeの使い方

free意味freeと聞くと日本人としては「お!無料か!」とすぐ無料という言葉を連想しますが、海外ではfreeという言葉が必ずしも無料を指してるわけではありません。

ここではこれらfreeの使い方や3つの見分け方ポイントなどを解説致します。

Freeの様々な意味と使い方

1.無料の場合はfor free

2.禁止を意味するFree

3.Free = ゼロ

4.Feel free、I’m free の意味

まとめ<見分ける3つのポイント>

 

1.無料の場合はfor free

free が無料を意味する場合は、通常[for free]という言い方で使います。例えば、道端で新発売のジュースを配ってる人が言います。

Would you like to try one? It’s for free!
おひとついかがですか?無料ですよ。

などのように使います。
forfree
無料か確かめたい時も

Is it for free?
無料ですか?

と聞けば確かめられます。

また、頭にfreeを付けて言う場合も基本的には無料を指します。
free2

freeFree download = 無料でダウンロード
Free Wi-Fi = WiFiが無料で使えます
30days free trial
= 30日間無料お試し

このように使われます。

 

 

2.禁止を意味するFree

さてこれは実際にオーストラリアにある標識です。

alcoholfree

このALCOHOL FREE ZONEって意味分かりますか?
これは「ここでお酒を飲む事は禁止です」という意味なんです。

私もオーストラリア来たばかりの頃は「アルコールが無料ってどういう事だろ(汗)」と周りでお酒を配る人でもいるのかとキョロキョロしてしまったものです。

Alcohol free zone の下に書いてある Consumption of Alcohol prohibitedというのが、「アルコールの摂取禁止」という意味で、下には摂取してはいけない日付が書いてありますね。つまりこの看板の場合、普段はここでアルコールを飲んでも良いのですが、この日付の間は禁止ですよという事を言っています。

オーストラリアでは酔っぱらいが迷惑行為を夜中に働かないように、夜間は外(公園など)で飲んだり、歩きビールをしないように禁止してるわけです。もちろん店内で飲むのはOKです。

このように、〇〇 freeという看板を見かけたら、それはここではやっちゃいけない事なんだと認識してください。

smokefree

このようにバッテンマークが付いてれば確実に分かると思いますが、
Smoke free =喫煙禁止 という意味です。

Freeと聞くと自由を連想してしまいますが、好き勝手に自由にタバコを吸っていいなんていう意味とは真逆ですので気を付けましょう。

では、なぜfreeが禁止という意味になるかというと「Free=ない」という意味があるからです。

 

 

3.Free = ゼロ

こういう表示は日本でも見た事があるかもしれません。

sugarfree

これはもちろん、このシリアル(コーンフレーク)には砂糖が入ってませんよという意味です。つまり〇〇Freeというのはそれが入ってない、ゼロであるという事を示しているのです。

先ほどのAlcohol free zoneというのも、このゾーンではお酒は抜き、お酒は無し、お酒はゼロですよという事を言ってるわけです。Barrier free というのも「バリアがない」という事を言ってるわけです。

なので、食品の表示で〇〇free と見かけたら

Alcohol free = アルコール分ゼロ
Sugar free = 砂糖ゼロ
Fat free = 脂肪分ゼロ

という事です。

 

 

4.Feel free、I’m free の意味

Feel freeという言葉をたまにネイティブの人が言ってきます。これはどういう意味かというと、「気持ちを楽にしてください」つまり、緊張しなくてください。くつろいでください、気を使わないでくださいという事を言っています。
feelfree

Anytime, feel free to contact me!
いつでも気軽に連絡してね!

→Anytimeの意味、Anyの使い方

Please feel free & sit on that sofa.
気を楽にしてそこのソファに座ってください。

のように使います。なので緊張気味の相手にはPlease feel free!といえば、相手はほっとして緊張を解いてくれます。

この場合のFreeは皆さんが連想する「自由」の意味合いが強いですね。Freeというのは「束縛されていない(解放されている)」状態を指します。だから「Feel free」で「気持ちを解放する=楽にする」なわけです。またこの「自由」を意味するFreeの使い方で言えば、

A: Do you have time today?
今日時間ある?

B: I’m free from afternoon.
午後から暇だよ。

のように、「自由な時間がある」「暇がある」という意味でも使えます。

よく映画などのセリフでは、

You are free to go.
お前はもうどこにでも行っていい。

という感じで、閉じ込められていたり、刑務所などに入っていた人がこのセリフを言われて解放されるシーンが多々あります。

 

 

まとめ<見分ける3つのポイント>

というわけで、Freeの使い分け方、見分け方をまとめます。

1.Free 〇〇、for free で無料を意味する。
2.〇〇 freeは「〇〇なし」、場所なら「禁止」を意味する。
3.I’m free, feel freeなどのように人に対して使う場合は「解放されている状態」を意味する。


という3つのポイントを覚えておくと、見分けやすいと思います。2番の「禁止」の意味だけ理解してればあとは日本語で使う感覚とほぼ同じなので自然とFreeの意味を解釈できると思います。そんなわけでお役に立ちましたでしょうか。

 


当ページはお役に立てましたでしょうか?
役立ちましたらぜひシェアをお願いします↑

 

名前(フルネーム)

メールアドレス



ajieigo.com 管理人: Dr.アジ
Dr.アジ オーストラリアから
難しい文法用語を使わないスタイルで
話すために必要な初心者英会話講座を
お送りしてます。

メールマガジンにて
英語がまったく話せるように
ならない人のための動画講義も
好評配信中です!

→詳しくはここ←
メールやフォローは下記より
mail1 ←ご連絡はこちらへ feedly
youtube facebook twitter
Facebookページ