初心者英会話ステーション

[文法] 記事一覧
極力文法用語を使わず誰にでも理解できるように説明してます。文法が苦手な人必見!

<助動詞>
・Can,Could
・Will,be going
・Would
・Shall
・Should
・Must,Have to
・May,Might

<動詞>
・be動詞
・like
・want

<時制>
・現在形、現在進行形
・過去形、現在完了形
・現在完了進行形

<冠詞>
・a, an
・the
・any, some

あなたたちは英語でYou〇〇!「あなた」と「あなた達」を言い分ける方法

文法書には「あなた」でも「あなたたち」でもYouとしか書いてませんが、実際の英会話ではもちろん使い分けなきゃまともに話なんかできません。

ここでは、あなた達と英語で言うにはどうすればいいのかを解説していきます。

 

「あなた」と「あなたたち」を言い分ける方法
  1. あなた達の基本は「You guys」
  2. GuyとGuysの違い
  3. 様々な You 〇〇
  4. 映画のセリフから「あなたたち」の言い方を理解する
  5. まとめ(ビデオ解説)

 

1.あなた達の基本は「You guys」

あなた達を表現する言葉で老若男女使える言葉かつ、もっとも使われている表現として、You guysという言い方があります。これが「あなた達」の基本形です。


例えば、社長が下記の図のように、Aさん、Bさん、Cさんの3人に
「君たち一緒に来てくれる?」と言いたい時に、
「Can you come with me?」と言ったとします。

you guys

そしたら確実にABCの3人は困惑するでしょう。
なぜなら誰に対して言ってるのか分からないからです。

Aさん1人に対して言ってるのか?それともBさん?
それとも3人とも来いと言ってるのか、分かりませんよね?

もちろん社長が、
「Mr.A, Can you come with me?」
のように、名前を先に言えば分かりますが、実は社長は3人同時に呼びたいわけです。
じゃあ「君たち来てくれるか?」と3人一緒に呼ぶにはどうすればいいかというと

Can you guys come with me?
(Guys, can you come with me?)


のように、guysという言葉を付ければ良いのです。
このguysには「彼ら」という意味があるので、複数に声をかけたい時はguysを付けるのです。

ネイティブはこういう風に「あなた」と「あなたたち」を言い分けているのです。

 

 

2.GuyとGuysの違い

そもそも「a guy」は「青年」を指します。

That guy is very popular.
あいつはとても人気がある

のように使います。このguyは基本的に男性に対してのみ使います。
しかし、Guys と複数形にすると、老若男女問わず使えるようになります

Come here, guys!
お前らこっち来いよ!

この「お前ら」は男だけだろうが、女だけだろうが、男女混ざったグループだろうが誰に対しても使えるわけです。

子供に対しても、
Stop fighting, guys!
(ケンカをやめなさい)

と使う事も出来ます。

ただ、必ずGuysだけを使わなきゃいけないというわけではありません。
それを次項で説明します。

 

 

3.様々な You 〇〇

基本形として「あなた達」にはYouと共にguysを使うと話してきましたが、
別にGuysだけが「達」を表すわけではありません。例えば相手が子供なら

Stop fighting you boys!
Stop fighting you girls!
Stop fighting you people!
See you everyone!
See you children!
See you kids!


などのように、Youの後ろになにを付けても実は基本的にはOKなのです。

例えば、教室にいる何名かに手伝って欲しい教授が

You two, help me! (Two of you, help me!)
You three, help me! (Three of you, help me!)


のように、「そこの2人(3人)手伝って」のように
数を指定する事も出来ます。

 

 

4.映画のセリフから「あなたたち」を理解する

では、映画のセリフからも実際ネイティブが「あなたたち」をどう言い分けているか見ていきましょう。


The Hangover
(邦題:ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い)

 

you guys

トレーシー: Phil, where the hell are you guys?

「フィル、あなた達は一体どこにいるの?」
電話の向こう側にフィルとその友人達がおり、あなた達はどこ?と聞きたいので、You guysが使われています。ちなみにこのthe hellというのはスラングです。しばらく連絡が取れなかったので「一体全体」のように怒りを強調している感じです。

 

one of you

フィル: I’m assuming that that squad car belongs to one of you.

「私が思うにあのパトカーはあなた達の中の1人のものですよね」
これはパトカーを盗んで捕まったフィル達が警官2人に対して質問しているシーンです。
one of you というのは「あなたたちの中の1人」という意味です。盗んだパトカーはあなた達の部署の警官の1人が所有してるものですよね?と聞いています。

you gentlemen

警官: Do any of you gentlemen have a heart condition or anything like that?

「君たちの中に心臓に関する病気とかある人はいるかな?」

you gentlemenとする事で直訳すれば「あなたがた殿方達」となり、ようはYou guysのguysの部分をgentlemenに変えただけで同じく「あなたたち」という意味になっています。

any of you gentlemenとする事で「君たちの中のだれか」という意味になっています。

→anything like that のようなlikeの意味と使い方

 

you two

スチュワート: Here’s something I would like to remind you two of~

「君たち2人に忠告しておきたい事がある」

ここでは、you two と言う事で、スチュワートが今一緒にいるフィルとアラン、君達両方に向けての忠告だよ!と強調しています。

→ Here is something のようなsomething の意味

 

 

まとめ

1つ誤解のないように言っておきますが、もちろん「you」だけでも「あなたたち」という意味にはなります。ただ、やはり実際の会話では「あなた」と「あなたたち」を使い分けなければ誤解を産みますし、うまく説明できない事が多々出てきます。

そのためにも、最低限でも基本形である「You guys」は使うようにしていきましょう。

ちなみにYou guysはビデオ解説バージョンもあります。


解説してる事はまったく同じですが、もう一度復習したい方はこちらを見ると良いと思います。

今回のYou guysの言い方から分かる事は「文法を信じ過ぎるな!」という事です。文法書にはなぜかどの書を見ても「あなたたちもYou」としか書いてないのです。私自身オーストラリアに来て「See you guys!」と言われ、「このguysってなんだろう?」と最初は困惑したものです。

ですので、文法書を盲信しすぎないでください。文法は絶対的なルールではなく、あくまでガイドメロディです。文法はすごく大事ですが、ハマるとなんのために英語を勉強してるのか忘れてしまいます。英会話の仕方は英会話から学ぶのです。文法から学ぶのではありません。つまりある程度基礎文法が分かったら、映画のセリフなどから実際の使い方を学ぶべきという事です。サッカーのルールブックだけ読んでも、サッカーの試合を見た事なかったらサッカー出来ませんよね?それと同じです。ルールブックだけ読むのではなく、映画や海外ドラマなどから実践の仕方も学んでいきましょう。

 


当ページはお役に立てましたでしょうか?
役立ちましたらぜひシェアをお願いします↑

 

名前(フルネーム)

メールアドレス



ajieigo.com 管理人: Dr.アジ
Dr.アジ オーストラリアから
難しい文法用語を使わないスタイルで
話すために必要な初心者英会話講座を
お送りしてます。

メールマガジンにて
英語がまったく話せるように
ならない人のための動画講義も
好評配信中です!

→詳しくはここ←
メールやフォローは下記より
mail1 ←ご連絡はこちらへ feedly
youtube facebook twitter
Facebookページ