初心者英会話ステーション

[文法] 記事一覧
極力文法用語を使わず誰にでも理解できるように説明してます。文法が苦手な人必見!

<助動詞>
・Can,Could
・Will,be going
・Would
・Shall
・Should
・Must,Have to
・May,Might

<動詞>
・be動詞
・like
・want

<時制>
・現在形、現在進行形
・過去形、現在完了形
・現在完了進行形

<冠詞>
・a, an
・the
・any, some

びっくりするを英語で?わっ!と驚かされた時の言い方はsurpriseとは違う!?

ビックリした英語「びっくりする」「驚かす」と聞くとまず我々はSurpriseを連想すると思うのですが、「わっ!」とか「キャー!」とおどかされた時の言い方はSurpriseの驚きとはちょっと違います。

ここではそういったびっくりの表現方法を解説します。

 

びっくりした!驚いた!を英語で

1.わっ!と驚いた(ビックリさせられた)時の反応

2.ホラー的な「キャー!」の驚き

3.まとめ(surpriseを含めた様々なビックリ)

 

1.わっ!と驚いた(ビックリさせられた)時の反応

このおどかされた(ビックリさせられた)時の反応の言い方は大きくは2つあります。

まず、友達が突然後ろから足音もなく、近づいてきて肩をポンポンと叩いてきたとします。それにビクッと!驚いた時にこう言います。
surprise

You startled me!
ビックリした!(君は私をビックリさせた)

Oh! Don’t startle me!
うわ!おどかさないでよ!(ビックリさせないでよ!)

のように、startle(スタートル)という言葉を使います。

覚えづらい単語に感じるかもしれませんが、こう考えてください。
startle は start の変化した言葉です

ドキっとした時は、反射的にビクッ!と体が動きますよね。
つまり反射的に体がスタートするからstartleと言うんです。

例えば、映画 Star trek into darkness では

startle

キャロル: Mr. Spock. You startled me.

ミスタースポック! ビックリしたわ!

キャロルが振り向くといぶかしげな表情でキャロルを後ろから見つめるスポックが立っていたので、キャロルは「ビックリした!」をstartleを使って言っています。

ただ、このstartleという表現はあくまで肉体的なビクッとする反射を意味しています。
お化け屋敷での「キャー!!」とはちょっと違うのです。

 

 

2.ホラー的な「キャー!」の驚き

驚いた

一時期、写真のように突然怖い顔がビデオ再生中やゲーム中に出てきて嚇かすドッキリがよくありました。

こういう驚きの場合は、startleよりもこっちを使います。

He got scared!
彼はビビった!(ビックリした)

He got scared & pissed off (pissed himself)!
彼はビックリしてオシッコをもらした。

Ahh! Don’t scare me! I’m nearly piss on my pants!
うわー!おどかすなよ!オシッコ漏らすとこだったじゃん!
scare
Wow! You scared me!
おわ!ビビった!

Ahhh! It scared me!
キャー!ビックリしたわ!

→オシッコを英語で

このように「scare(スケアー)」を使います。

もともとscareというのはafraidと同じく「怖がる」という意味ですが、こういう恐怖でドッキリした時の驚きも「scare」で表現します。

特に「He got scared!」のような「got scared」の形にすると「急に怖くなった=ビックリした」の意味になります。

もともと、startleもscareも「驚かす」「驚かせる」という言葉なので、「ビックリした!」「ビックリさせられた」なら「be scared (get scared)」のように受け身の形になります。

これについては詳しくは受け身の記事を参照してください。beとgetの入れ替えの事も書いてます。

誤解のない英語の「受け身」の使い方。~されると考えるから間違える!

という具合に恐怖心でキャーー!と叫んでしまうようなビックリはScareの方がよく使われます。

 

 

まとめ

実際はsurpriseも含めて、shockやfrighten、freak out など、様々な言い方がありますが、王道で使うのは、Startleとscareの2つです。

で、この「startle」と「scare」の2つ、結局の所、どちらを使っても間違いではありません。どちらかというと、「わっ!」と威かされたような場合は、「Scared」が一番使われます。これはお化けじゃなくても、例えば部屋にゴキブリや蛇が現れて「きゃっ!」となった時も「scare」が使われます。なにかそういった脅威=恐怖なので、基本的にはなんでも驚いた時はscareが使えます。

startleは寝ぼけてる友達の肩を叩いたら「ビクッ」なった感覚ですね。
繰り返しますが、どちらもほぼ同じなので、パッと口から出る方を使えば良いです。

ビックリちなみにsurpriseはどちらかというと「喜び」の驚きです。部屋を明けた瞬間に「Surprise!」と言ってクラッカーを鳴らしてドッキリ誕生日パーティーをしかけた時などに使われます。

そんなわけで参考になりましたでしょうか。

PS.ちなみにドッキリの事を英語で「prank」と言います。

He pranked me!
彼は私にドッキリを仕掛けた。

He scared me by a prank.
彼はドッキリで私をおどかした。

という感じです。

 

また下記の記事も参考になるので、合わせて目を通しておいてください。

誤解のない英語の「受け身」の使い方。~されると考えるから間違える!

パニックはI’m panicではない!?パニックを英語で表現する方法 (freak outなど)

be動詞の意味と使い方。困惑する原因はbeをdoの仲間と認識してないから!

おしっこ、うんちを英語で簡単に言う方法!それを使ったスラングも!

 


当ページはお役に立てましたでしょうか?
役立ちましたらぜひシェアをお願いします↑

 

名前(フルネーム)

メールアドレス



ajieigo.com 管理人: Dr.アジ
Dr.アジ オーストラリアから
難しい文法用語を使わないスタイルで
話すために必要な初心者英会話講座を
お送りしてます。

メールマガジンにて
英語がまったく話せるように
ならない人のための動画講義も
好評配信中です!

→詳しくはここ←
メールやフォローは下記より
mail1 ←ご連絡はこちらへ feedly
youtube facebook twitter
Facebookページ