初心者英会話ステーション

[文法] 記事一覧
極力文法用語を使わず誰にでも理解できるように説明してます。文法が苦手な人必見!

<助動詞>
・Can,Could
・Will,be going
・Would
・Shall
・Should
・Must,Have to
・May,Might

<動詞>
・be動詞
・like
・want

<時制>
・現在形、現在進行形
・過去形、現在完了形
・現在完了進行形

<冠詞>
・a, an
・the
・any, some

myselfとby myselfの使い方や違い。aloneとはどう違う?

myself意味

ここでは、myselfのような〇〇selfのひと通りの意味と使い方、さらにby myselfのようにbyが付いた時はどう違うのかなど、間違えやすいポイントを分かりやすく解説します!

またaloneとの違いにもついても解説します。

 

myself, yourselfの意味と使い方<もくじ>

1.myselfの意味と使い方、myselfがいる時といらない時

<My selfを付ける、付けないの基準>

2.Yourself、himselfなどとの使い分け

<文法豆知識 one’s selfとは>

3.itselfの意味と使い方

4.myself と by myself の違い

<aloneとの違いは?>

 

1.myselfの使い方、myselfがいる時といらない時

次の例文を見てください。

バレンタインデーの次の日にJennyとLindaが会話してるとします。

Linda : So did you give him chocolate yesterday?
昨日彼にチョコあげたの?

Jenny:
Actually, I couldn’t. I made cookies myself. But when I saw him, I got so nervous & I started shaking. Then I just couldn’t speak to him.

実は出来なかったの。クッキーを自分で作ったんだけどね、でも彼を見かけた時、すごい緊張しちゃって、震えだしちゃって。結局話かけられなかったんだ。

Linda: Oh, That was too bad. Next time, I’ll help you something.
それは残念だったわね。今度そういう時は私が手伝ってあげるわよ。

Jenny: Why am I always like this? I don’t like myself.
なんで私っていつもこうなのかな。自分がイヤになるよ。

さて、この会話では2回myselfが出てきました。まず、最後のI don’t like myselfですが、このように「私は自分がイヤ」と言いたい時などにこのmyselfを使います。
I don’t like me. とは言いません。なので、myselfを使うんです。

 

*海外豆知識*
欧米ではバレンタインデーには恋人同士が花やポストカードを贈り合うような風習になっていて、どちらかというと男が女に薔薇を送るのがメインになっています。女が男にチョコレートでアタックするというのは日本独特の文化だとか。

 

で、もう1つのI made cookies myself. ですが、もう一つの例文を見てください。

A: Would you like to eat some cookies?
良かったらこのクッキー食べて

B: Oh, thanks. Yeah, it tastes nice! Where did you buy?
ああ、ありがとう。お、結構おいしいじゃん。どこで買ったの?

A: I made it myself.
(I made it by myself.)
自分で作ったのよ。

このように、自分で何かした時にmyselfを使います。

ここであなたはこう思ったかもしれません。

『I made it. だけでも「私が作った」って意味になるのに、
なんで最後にmyselfを付ける必要があるんだろう』と

 

<My selfを付ける、付けないの基準>

こういう時にmyself を付けるか付けないかの感覚としては、

A: Who made this cookie?
誰がこのクッキー作ったの?
B: I made it.
私が作った。

A: Where did you buy this cookie?
どこでこのクッキーを買ったの?
B: I made it myself.
私が自分で作った。

という感覚で、質問が「誰が作ったの?」だったら、I made it. だけで十分ですが、
「どこで買ったの?」という質問に対しては本来は「ケーキ屋で買った」のように「場所」回答するはずですよね。でも「自分で作った」のように、本来の「どこ?」という質問からかけ離れた事を言う場合は、相手により分かりやすく状況を説明する必要があるので「myself」を付けた方が良いです。

「私は作った、それを、自分で」とmyselfで「自分で」という一言を入れてるわけです。

 

 

2.Yourself、himselfなどとの使い分けで意味が変わる

では、今度はmyself以外のパターンや使い方も理解していきましょう。 

クラスに転校生が来ました。
introducemyself

先生: I’ll introduce him to you guys. He is Joseph.
みんなに紹介します。ジョセフ君です。

じゃあ、今度はその転校生に「自己紹介してください」と先生が言うには英語でどう言えばいいと思いますか? 今度は

Can you introduce yourself (to everyone)?

と言います。「あなたはあなた自身を紹介してくれますか?」と言ってるわけです。

そしてジョセフが「自己紹介します」と言うなら、

I’ll introduce myself.

になるわけです。このように、なにかを自分でやる時にselfを使うんです。

 


例えば、友達の家のお母さんが、お菓子を持ってきて言いました。

Help yourself!

これは直訳すれば「自分で自分を助けろ」という意味ですが、実際には「食べてて」という意味です。「あなたの空腹を助けて」という意味で、例えばもうみんなお腹空いてるのに、食事の準備が出来てない時などに、軽食を持ってきて「Help yourself!」とよく言ったりします。



今度は同僚が重たい物を1人で運んでるとします。

A: Should I help him?
私は彼を手伝った方がいいですかね?

B: Don’t worry, he can do himself.
大丈夫だよ、彼は自分でできるから。


ここで2つ注意点があります。

myself
yourself (yourselves)
himself
herself
itself
ourselves
themselves

のように使うのですが、

1.複数形になるとselvesになります。(あなた達ならyourselves)
2.he, they だけ himself, themselvesです。(hisself, theirselvesではない)

で、もう一つ注意点としては、「自分=myself」と覚えてしまうと間違えやすいです。

例えば、

He tried to kill myself. = He tried to kill me. = 彼は私を殺そうとした。
He tried to kill himself. = 彼は自分で自分を殺そうとした=彼は自殺しようとした。

と違いが出ます。彼が自分を言う場合は、He do himself.の形になるので、気を付けてください。

 

*文法豆知識<one’s selfの意味>*

よく辞書にはこういう場合「one’s self」と書いてあります。
この one’s というのが、my, your, him(his), her などを指してるわけです。これらの総称をOne’sとする事で、そこは使うセンテンスによって入れ替え可能ですよという事を意味しています。

 

上記の「自殺」ように「自分で自分をどうにかする」時にもone’s selfを使います。

A:Can you hear that? In the bathroom, Who is talking with her?
ねぇ聞こえる?風呂場であの娘誰と話してるのかな?

B: She is talking to herself.
独り言を言ってるんですよ。

 

 

yourself2A: Why are you laughing at me?
なんで俺を見て笑ってるの?

B: Use the mirror & look yourself!
鏡を使って自分を見てみな。

 

 

 

3.itselfの意味と使い方

itselfと聞いて「物にセルフなんて使うの?」と疑問を感じるかもしれませんが、

例えば、花瓶が割れているとします。

A: What happened? なにが起きたんだ?
B: It fell itself. 勝手に落ちたんだよ。

あなたが花瓶を落としたわけじゃなくて、それ自体がもともと不安定な場所にあり、突然勝手に落ちたなら、そんな時はitselfを使います。

itself

A: I hit my leg & got internal bleeding.
Should I cut the skin & take blood off?

足をぶつけて内出血してるんだけど、
これって切って血を外に出すべきかな?

B: No, no, you don’t have to do that!
Just leave it. It will heal itself.

やめろって、そんな事する必要ないから。
放置しとけば勝手に治るから。

このように「手を加えなくても勝手に治る」のような場合も itselfで表現出来ます。

→don’t have to と mustn’t の違いが分からない人はこちら

 

 

4.myself と by myself の違い

第一項で

I made it myself.
(I made it by myself.)
自分で作ったのよ。

というセンテンスが出てきました。
さて、このbyは必要なのか?意味が変わるのかについて説明します。

基本的には、上記のようなセンテンスの場合は、どちらも同じ意味です。ただ、by myselfにはもうひとつ意味があります。

A: Yesterday, I went to the botanic garden.
昨日ボタニックガーデンに行ってきたよ。

B: With who? (Who did you go with?)
誰と?

C: By myself.
1人で

このように、by myself というのは「1人」という意味もあるんです。

 

<aloneとの違いは?>

皆さんがご存知の「Alone」もby myselfとまったく同じ意味です。
つまり入れ替え可能という事です。
上の会話でも alone, by myself, どちらを使っても構いません。


なにか自分でやったと言いたい時は、

I cooked myself. ◎
I cooked by myself. ◎

のようにどちらを使っても同じ意味になります。しいて言えばbyを付けた方が「自分1人で全てやった」と「1人」を強調してるようにも感じます。

ただ、

I don’t like myself. ◎
I don’t like by myself. ✖

私は自分が嫌い

こういう場合は、通常byは付けません。逆に

I don’t want to be myself. △
I don’t want to be by myself. ◎
I don’t want to be alone. ◎

1人になりたくない。

のように「1人」の意味ならbyを付けてください。

「自分」なら myself. 「1人」なら by myself. (alone)という事です。

というわけで、理解出来ましたでしょうか?最初は私も難しく感じてましたが、慣れてしまえばどうって事ありません。よく辞書には「自分自身」と書いてありますが、そう覚えるよりも「自分で」「1人で」と考えた方が分かりやすいと思います。自分の事を話す際は I’ll introduce me ではなく、I’ll introduce myself であるという事を覚えておいてくださいね。
diy


PS.
自分で日曜大工する事をDIYと言ったりしますが、これも Do it yourselfの略です。
「自分でやる=自分でなにか修理したり、作ったりする」という意味で使われてるわけです。

 

また下記の記事も参考になるので、合わせて目を通しておいてください。

he’s he’d の略の見分け方。見分ける2つのポイント!

than me, than I do で意味が変わる!?正しい比較の理解の仕方

Are youとDo youを使い分けるコツ。Do youは実はあんまり使わない!?

 


当ページはお役に立てましたでしょうか?
役立ちましたらぜひシェアをお願いします↑

 

名前(フルネーム)

メールアドレス



ajieigo.com 管理人: Dr.アジ
Dr.アジ オーストラリアから
難しい文法用語を使わないスタイルで
話すために必要な初心者英会話講座を
お送りしてます。

メールマガジンにて
英語がまったく話せるように
ならない人のための動画講義も
好評配信中です!

→詳しくはここ←
メールやフォローは下記より
mail1 ←ご連絡はこちらへ feedly
youtube facebook twitter
Facebookページ